講師紹介

  • 宮田 秀明(みやた ひであき)
    現職;
    東京大学名誉教授 社会システムデザイン株式会社 社長
    アスクル株式会社取締役
    専門分野 or 職務経歴;
    コンピューターサイエンス(CFD)、船舶システム開発、流体力学、経営システム工学など
    略歴;
    松山出身。1948年生まれ。1972年東京大学工学系大学院修士課程終了。石川島播磨重工業蠅 経て東京大学に勤務。1978年工学博士。大学院工学系研究科システム創成学専攻を担当する。 1994年より同教授。コンピューターサイエンス(CFD)、船舶システム開発、流体力学、 技術マネジメント、経営システム工学、サービス科学、社会システム工学等を専門としている。 いくつかの民間技術開発プロジェクトを主導し、ニッポンチャレンジ・アメリカズカップの テクニカル・ディレクターも努めた。システム創成学科の設立、東大MOTなど教育改革にも携わる。 World Innovation Foundation フェロー。
    本会への抱負;
    今ほどリーダーシップ、経営力の必要な時代はないかもしれません。微力を尽くしてお手伝い したいと思います。花田先生、冨永先生と私の3人は全く違った経験を持ちながら、 志を同じくしています。良いコラボレーションにしたいと思います。
    社会的活動;
    受賞、表彰歴
    ・関西造船協会賞(1982.2)  ・日本造船学会賞(1982.5)  ・JBIA マリン技術賞選考委員長特別賞(2000.5)
    ・24th Weinblum Memorial Lecture(2001.11)
    ・日本学士院賞、恩賜賞(2011.6)
    ・World Innovation Foundation フェロー(2002.2)

    -World Innovation Foundation フェローとは
    1992年に科学者、技術者、エコノミストなどによって設立された国際的非政府組織。 初代代表は、米国の化学者・物理学者であるグレン・シーボーグ氏(故人)。 2008年12月現在、英国に拠点を置き、現代表のジェローム・カール氏など 87 名の ノーベル賞受賞者、および 2800 名の名誉会員が参画する。人口増加、気候変動、エネルギー問題、 貧困、水資源、環境問題など多方面に渡って、研究・議論を展開し、多くの国家や企業に対して アドバイスを行っている。
    執筆;
    著書に「シリーズ数値流体力学」(協編共著、東京大学出版会)、「アメリカズ・カップ」(岩波書店、 岩波科学ライブラリー)、「アメリカズカップのテクノロジー」(東大出版会)、「プロジェクト マネジメントで克つ」(日経BP社)、「理系の経営学」(日経BP社)、「仕事のやり方間違えています」 (祥伝社)などがある。日経ビジネスオンラインに「経営の設計学」を288篇執筆。
    Webサイト;
    宮田 秀明 の個人ホームページはこちらをご参照ください。
    < http://hideaki-miyata.com/ >
    社会システムデザイン株式会社
    < http://www.socialsystemdesign.co.jp/ >
  • 花田 光世(はなだ みつよ)
    現職;
    慶應義塾大学 名誉教授 (財)SFCフォーラム 代表理事
    専門分野 or 職務経歴;
    人的資源開発論・国際経営論 特に国際人事システム論, 新人事組織設計論を中心テーマとして研究
    略歴;
    1971年慶應義塾大学文学部心理学科卒業。1974年南カリフォルニア大学教育心理学修士、 同大学社会学部助手。1978年南カリフォルニア大学大学院にてPh.D-Distinction取得。 産業能率大学経営情報学部助教授就任。1986年産能大学教授就任。 1990年慶應義塾大学総合政策学部教授、 現在に至る。
    本会への抱負;
    未来を拓くリーダー:社会イノベーションリーダーと組織を活性化する実践リーダーの協創
    強いリーダーは単に一企業、一組織の活性化や生産性向上を図る人材ではなく、組織活動を 通じて社会に大きな変革、イノベーションを生み出すことのできる人材と考えています。 また同時に強い個人は社会の中での責任を自覚し、志をもって自律的な活動を行うことのできる 行動志向の人材です。その両方の役割をドッキングできる組織メカニズムの構築支援と上記で 定義された「強いリーダー」の育成を行うことが私の希望する目標です。
    社会的活動;
    経済産業省、厚生労働省の各種委員会座長、産業構造審議会産業教育部会委員、 NPO法人ソシオベンチャー理事長など
    執筆;
    人事制度における競争原理の実態 (1987年度組織学会最優秀論文賞受賞) 「組織科学」。 個性主義に 根ざした人事制度の展開 「一橋大学ビジネスレビュー」 (1989年)。 グローバル戦略を支える 人事システムの展開法 (上・下) ダイアモンドハーバードビジネス (1988年)。 コア人材の機能と 条件 ダイアモンドハーバードビジネス (1995年)。 CALS 産業革命 (1995年)。「グロー バル 経営の組織」(総合法令)、「キャリア自律の新展開」(一橋ビジネスレビュー、共著)他多数。
    「Cultural Effects on Organizational Structure」 American Sociological Review,
    「Organizational Structures in the U. S. and Japanese Manafacturing Firms」
    Administrative Science Quarterly. 他。
    Webサイト;
    慶應義塾大学SFC研究所 ラボラトリー「キャリア・リソースラボ」
    < http://crl.sfc.keio.ac.jp/ >
  • 武藤 佳恭(たけふじ よしやす)
    現職;
    慶應義塾大学環境情報学部教授
    専門分野 or 職務経歴;
    ニューラルコンピューティング、セキュリティなど
    略歴;
    1955年長崎県生まれ。慶応義塾大学で工学博士号を取得後、渡米。米国サウスフロリダ大学、サウスキャロライナ大学で教員として勤務。1992年、36歳の時にケースウエスタンリザーブ大学で終身雇用(tenured)契約を取得。帰国後、世界初の携帯電話のカメラ、お札鑑別機、床発電、温泉や廃熱利用の温度差発電など数々を発明し、世に出す。
  • 井上 智洋(いのうえ ともひろ)
    現職;
    駒澤大学経済学部講師
    専門分野 or 職務経歴;
    マクロ経済学、貨幣経済理論、成長理論
    略歴;
    慶應義塾大学環境情報学部卒業、早稲田大学大学院経済学部研究科博士課程単位取得退学。2015年4月から現職。博士(経済学部)。人工知能と経済学の関係を研究するパイオニアとして、学会での発表や政府の研研究会などで幅広く発言。AI社会論研究会の共同発起人をつとめる。
    執筆;
    単著:『新しいJavaの教科書』(ソフトバンククリエイティブ)、『人工知能と経済学の未来』(文芸春秋)
    共著:『リーディングス 政治経済学への数理的アプローチ』(勁草書房)
  • 二階堂 忠春 (にかいどう ただはる)
    現職;
    一般社団法人NLPコーチング協会 代表理事
    デジタルハリウッド大学院 客員教授 / 東北福祉大学 特任准教授
    略歴;
    1969年仙台市生まれ。東北大学法学部卒業、南カリフォルニア大学経営大学院修士(MBA)。
    2009年、米国紙 「ニューヨーク・タイムズ」 にコミュニケーションの専門家として紹介される。

    現在、プレゼンテーション、チームマネジメント、リーダーシップ、交渉・セールス等のコミュニケーション技術をテーマに、全国各地で講演・研修を実施。JMA(日本能協会)、及び米国NLP協会資格認定
    プログラムの講師を務めるほか、企業・団体・学校法人向けの研修・講演の実績多数。

    東北福祉大学では総合マネジメント学部の特任准教授(非常勤)、またデジタルハリウッド大学院では
    社会人向けに実践心理学(NLP・EQ・TA等)を応用した 「プロデューサー人材」 の能力開発を担当。

    資格;
    米国NLP協会認定トレーナー / 米国NLPカリフォルニア研究所「公認NLPコーチ」 /EQ公認プロファイラー / 日本交流分析(TA)学会正会員
    著書;
    『聞き手を熱狂させる!戦略的話術 〜オバマに学ぶNLPプレゼンテーション』(廣済堂出版)
    TV出演;
    各界の著名人や首脳クラスのプレゼンテーションやコミュニケーションに関する取材を受け、これまでNHK、フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日等のメディアに出演。

    同氏が代表理事をしておられる一般社団法人NLPコーチング協会につきましては同協会のHPをご参照ください。
    一般社団法人NLPコーチング協会
    < http://nlp-coaching.or.jp/ >
  • 藤田 耕司(ふじた こうじろ)
    現職;
    一般社団法人日本経営心理士協会代表理事、
    FSGマネジメント代表取締役、
    FSG税理士事務所代表
    略歴;
    1978年生まれ。2002年早稲田大学商学部卒業。04年公認会計士試験に合格、同年有限責任監査法人トーマツ入所。12年に独立し、藤田公認会計士・税理士事務所(現FSG税理士事務所)開設。13年FSGマネジメント蠕瀘・代表取締役就任、15年一般社団法人日本経営心理士協会設立・代表理事に就任。年商100億円を超える企業の社長など、多くの社長のメンターを務める。経営・ビジネスの現場における成功体験・失敗体験を融合した経営心理学を新たな企業経営のあり方としてコンサルティングしている。
    資格;
    公認会計士、税理士、心理カウンセラー
    執筆;
    『相続が気になるすべての方へ もめないための相続心理学』(中央経済社)、『リーダーのための経営心理学』(日本経済新聞出版社)
  • 金子 智朗(かねこ ともあき)
    現職;
    ブライトワイズコンサルティング合同会社代表社員
    株式会社マネジメント・ロジック取締役
    多摩大学大学院客員教授
    名古屋商科大学大学院ビジネススクール教授
    略歴;
    1965年生まれ。東京大学工学部卒業。東京大学大学院工学系研究科修士課程卒業。
    卒業後日本航空(株)において情報システムの企画・開発に従事。プライスウォーターハウスコンサルタント(株)等を経て独立。
    2006年ブライトワイズコンサルティング合同会社(www.brightwise.jp)設立、代表社員就任(現任)。

    プライスウォーターハウスコンサルタント(株)在籍中から会計とITの専門性を活かしたコンサルティングを行っており、業務プロセス改革、管理会計システムの構築、IT戦略立案、IT導入支援、内部統制の構築、国際財務報告基準(IFRS)対応等、幅広いコンサルティングを行っている。また、日経ビジネススクール、みずほ総研、SMBCコンサルティング、三菱UFJリサーチ&コンサルティング等のセミナーや企業研修での講師も多数実施している。
    弁護士、人事コンサルタント、ITコンサルタントなどのプロフェッショナルと共に設立した株式会社マネジメント・ロジック(www.mgmtlogic.com)の取締役、多摩大学大学院客員教授も務める。
    資格;
    公認会計士、税理士
    執筆;
    『MBA財務会計』(日経BP社)、『基礎から学ぶSEの会計知識』(日経BP社)、『善玉コスト悪玉コスト』(税務経理協会)、『「管理会計の基本」がすべてわかる本』(秀和システム)、『図解!IFRS時代の管理会計』(秀和システム)など

<<戻る